受診

ランニングする女性

化粧品には一般的なものと薬用のものがあり、薬用として認可を受けているものは肌への効果に優れているというメリットがあります。
美白成分もこれに当てはまり、薬用として美白効果が高い成分が幾つかあります。
代表的なものとしては、ビタミンC誘導体やエラグ酸、コウジ酸などがあります。
ビタミンC誘導体は多機能で化粧水や美容液など、様々なスキンケアアイテムに配合されています。
エラグ酸はいちごなどに含まれているポリフェノールの一種で、抗酸化作用に優れているため、エイジングケアにも向いています。
コウジ酸は日本でも昔から使われている麹から作られていて、日本酒や味噌などの発酵などに用いられています。
どれもシミの原因となるメラニンの生成を抑えて、シミ予防には大きな効果を発揮してくれます。

様々な化粧品やシャンプーなどに配合されていて、美白成分としても知られているのがカミツレエキスです。
カミツレエキスはカモミールとも呼ばれていて、ハーブの一種で甘い香りにはリラックス効果があり、ハーブティーなどとしても人気があります。
他の美白成分は主にシミの元となり、メラニン生成に関わるチロシナーゼという酵素を阻害して、シミを予防する働きがあります。
カミツレエキスの場合は、紫外線を浴びてメラノサイトに伝達する物質を阻害する働きを持っているため、メラニンが生み出される前の段階でシミ予防をすることができます。
また、抗炎作用も持っているため、肌の刺激によるメラニン生成を抑える働きもあります。
そして、血行促進作用もあるので、肌の活性化にも期待することができます。