痛みの対策

サプリメント

空気が乾燥する季節になると、肌からも水分が奪われて乾燥してしまいます。
それは寒い時期は暑い時期に比べて皮脂の分泌が少なくなってしまうためです。
そこで利用すべきなのが基礎化粧品です。
基礎化粧品でも特に化粧水と美容液、乳液の3点は必須アイテムです。
化粧水は肌への水分補給として、美容液は化粧水で補給した水分をキャッチさせる効果を、そして乳液で水分の蒸発を防ぐ役割があります。
これらを正しい順番で正しい使い方をすることでかなり乾燥肌を改善させることが出来ます。
特に、メイククレンジングを行った後は肌にストレスが加わった状態なので保水力が弱まっていますので、洗顔後はなるべく早く保湿を行うのがより効果的です。

乾燥肌は外部刺激から守るための皮脂の分泌が減り、空気の乾燥が重なることで起こります。
しかし、基礎化粧品をしっかりと使っているから完璧に改善できるという訳ではありません。
あくまで肌表面の保湿を行っているのです。
肌の奥深くの角質細胞までは化粧品は浸透できないため基礎化粧品をいくら使っても角質細胞までは保湿できません。
ですが、化粧水は呼び水効果があり浸透圧の関係で身体の内部から水分が湧いてきます。
その為に身体内部は常に潤っている必要があります。
一般的に、冬場は温かい飲み物をゆっくり飲む場合が多いので夏場に比べ身体の中が乾いている人が多いです。
その上空気が乾燥しているためどんどん水分は蒸発してしまいます。
肌の潤いを保つためには基礎化粧品をしっかり利用することと、水分補給をこまめにしっかり行うことが大切です。