治療方法

ボードに乗る女性

化粧品の効果については表現の方法が決められて、2001年3月前までは種類ごとに細かく化粧品の効果の表現が決められていましたが、2001年4月から化粧品の成分は原則として自由化になりました。
化粧品は大雑把に55の表現の中から商品にあった説明を選んでそれを記載します。
もちろん日焼け止めクリームに爪にうるおいを与えるなんていうありえない効果をを記載することは認められません。
化粧の起源はクロマニヨン人のいたおよそ5万年前までにさかのぼるといわれています。
大変長い歴史があり、昔の人は化粧を魔よけとして使っていました。
18世紀ごろから化粧というものが少しずつ変化していき、女性の階級などを区別するなどしていました。

化粧品の中でも香水または香料は古代からありました。
日本においては香水と言うと、お香と呼ぶのが一般的でした。
お香の歴史は古く、仏教が伝来するとともに使い方が日本に入ってきたといわれています。
日本書紀にも記されているほどです。
その後、宗教的な意味合いで使用されていましたが、平安時代に入ったころから着物に香りを染めて使われたといわれています。
この辺りから、体から香りを出すのに使われ始めました。
海外では古代エジプトの時代から存在しており、その後ヨーロッパにおいて大きく進化しました。
そして近年に入ってドイツで合成香料の発明があり、フランスは複数の天然香料の産地を持っており、自分の国で香料が生産できました。